So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ランプーン県出土の仏像(テラコッタ製) [北部タイ発]

IMG_2324.JPGIMG_2325.JPGIMG_2326.JPGIMG_2327.JPG
昨日の記事でパヤオ県の出土仏はほとんどが砂岩製と書きましたが、今日記事にするランプーン県の出土仏はほとんどがテラコッタ製(土製)です。上の写真(1、3枚目)がハリプンチャイ国立博物館のもの、下の写真(2、4枚目)がコレクションですが、かなり近い型で作られています。この様な大型のものは塼仏と異なり、型(mold )だけでは出来ず、手作業による仕上げによって完成すると以前聞いたことがあります。年代的には12〜13世紀頃のものです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏(パヤオ様式) [北部タイ発]

IMG_1826.JPGIMG_1789.JPGIMG_1833.JPG
パヤオ出土のチェンセン時代の青銅仏を手に入れた。とても珍しいものです。というのはパヤオの出土仏はほとんどが砂岩製で青銅製は極端少ないからです。造り的には薄いブロンズ、そして内部に付着している土もチェンセン時代の青銅仏とほぼ同じです。当時、地域の人々が金属類を寄せ集めて作った青銅仏だと思います。銀の配合率が高めです。写真3枚目はウィアン・ロー遺跡の展示室にあるパヤオ仏頭部(砂岩製)との比較写真です。サイズはまったく違いますが、顔出ち、シャープな目の形状等、美術様式は共通しています。年代的はシーコームカム寺の大仏プラチャオ・トンルアンと同時期16〜17世紀(400〜500年前)のものです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

メーホンソーン県からのギフト [北部タイ発]

IMG_1647.JPGIMG_1741.PNG
プラ・ブアケム(プラ・ウパクット)の記事が連続しますが、前々から欲しかったブアケム青銅仏を思い切って買いました。珍しいものですが少し高価だったので我慢していたのですが、、それが今日メーホンソーンから届いた次第です。ただ届いて見た実物はとても良く、買って正解でした。美術的にはタイヤイ美術でおそらく隣接するミャンマー側のシャン州から来たものだと思います。時代的にはチェンマイ期19世紀(100〜150年前)と同時期、同じランナー文化圏のものです。同時代の招き女人像と一緒に飾ろうと思っている。左側のお守りはメーホンソーン市内丘の上に建つワット・プラタート・ドイコンムー寺のもの。送り主が一緒に送ってくれたギフトです。またメーホンソーンに行きたくなってきた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プレー県のお守り(その3) [プラクルアン]

IMG_1578.JPGIMG_1285.JPGIMG_1515.JPGIMG_1511.JPGIMG_1512.JPGIMG_1521.JPG
今回はプレー県市内中心部にあるワット・サラボゲーウ(通称ブアケム寺)発行のお守りを記事にします。プレー県は隣県のランパーン県同様、19世紀初め頃からビルマ職人による寺の建築が行なわれ、市内にはまだ多くのビルマ(タイヤイ)様式のお寺があります。このサラボゲーウ寺もその中のひとつです。写真のお守りは仏暦2518年(西暦1975年)にサラボゲーウ寺で発行された初代のお守りでコイン表面にプラ・ブアケムがデザインされたタイでは珍しいお守りのひとつです。プラ・ブアケム(プラ・ウパクット)は英語でロータス・ブッタと呼ばれるように、頭部に蓮の葉と蕾を乗せた仏像でビルマや北部タイ(ランナー地方)のお寺では幸運と安全を祈願し作られてきています。私はまだこのサラボゲーウ寺に行ったことはありませんが、お守りを持っているのでいずれお寺にお参りに行こうと思っています。下の4枚の写真はネットから見つけてきたお寺の写真です。結構女性に人気のお寺という印象です。プレー県はタイ北部ではマイナーな県ですが有名な高僧がおり、お守りの質も高いです。価格も最近だいぶ上がってきており状態の良いお守りはコレクターが手放さず入手が難しくなってきています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プレー県のお守り(その2) [プラクルアン]

IMG_1334.JPGIMG_1284.JPGIMG_1340.JPGIMG_1338.JPG
プレー県ワット・クワンカムルー寺の高僧クバー・ゲーウのお守りです。プレー県の中でも3本の指に入る有名な高僧で生前中にコイン型のお守りの他にもハヌマーンやルーシー(行者)型のお守り、またお守り布などのクルアンラーン等の多くお守りが発行されています。仏暦2529年11月(西暦1986年)、81歳で亡くなっています。この八角形のコイン型お守りは仏暦2511年(西暦1968年)に発行されたクバー・ゲーウの初代お守りです。ちょうど50年経つお守りですが(写真1枚目の)文献写真と比べても分かりますが保存状態がとても良く2度ともコンテストで1位を取っています。お守りが発行されたワット・クワンカムルー寺はプレー市内中心部から少し離れたところにありますがタイミングを見て一度お礼参りに行かなければと思っています。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プレー県のお守り(その1) [プラクルアン]

IMG_1292.JPGIMG_1283.JPGIMG_1328.JPG61CC9412-0144-4ABD-91F8-27B518B3DD27-10543-00000797051D3D26.jpegIMG_1327.JPG
タイ北部プレー県ロン郡ワット・サレン寺の高僧クバー・ソムジットのお守りです。クバー・ソムジットは昨年1月に75歳で亡くなった高僧ですが、このコイン型のお守りは仏暦2514年(西暦1971年)に発行されたクバー・ソムジットの初代お守りです。すごく状態の良いお守りで文献の写真(写真1枚目)と比較しても勝ちそうなぐらいです。ワット・サレン寺にはまだ行ったことがないのですがかなり立派な寺のようです。ロン郡はチェンセン時代からの歴史ある町で以前紹介した同郡のシードーンカム寺もこのワット・サレン寺院から3キロほどのところです。またどこかのタイミングでこのお守りを身につけてお参りに行かなければと思っています。以前のシードーンカム寺の記事をリンクさせておきます。http://thaiart.blog.so-net.ne.jp/2016-11-17
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

古代都市チャンセン(中部タイ、ナコンサワン県) [タイ発]

IMG_0998.JPGIMG_1001.JPGIMG_0959.JPGIMG_0960.JPGIMG_0881.JPGIMG_0880.JPGIMG_0879.JPGIMG_0878.JPGIMG_0877.JPGIMG_0893.JPGIMG_0953.JPGIMG_0884.JPGIMG_0890.JPGIMG_0891.JPGIMG_0961.JPGIMG_0872.JPGIMG_0892.JPGIMG_0869.JPGIMG_1182.JPGIMG_0871.JPGIMG_0870.JPG
タイ中部ナコンサワン県ターキー郡のチャンセン博物館に行って来ました。 ターキー郡はナコンサワン県南側に隣接しているロッブリー県県境の田舎町です。行きにくそうな所ですが鉄道駅が近くにある為、頑張れば行けます。このチャンセンではインド美術の影響を強く受けたドヴァーラヴァティー時代初期(6〜7世紀)のテラコッタ製の遺物が出土しており、今回バスと列車を乗り継いで勉強しに行って来ました。ここでは仏像や法輪片が一部出土していますがメインで出土したのがテラコッタ製の遺物で、(写真1、2枚目の)財宝の神クベーラと幸福と美の女神ラクシュミー、獅子(ライオン)や牛、象等の動物像、そして男や女の人形像です。これらはタイで仏像が作られ始めた6世紀前後(約1400〜1500年前)のものだと研究されています。私的に非常に好きな美術で20年ほどかけて何点かのコレクションを持っていますがやはり博物館のものは素晴らしく感動しました。同類のものがスパンブリー県、ロッブリー県、ナコンパトム県でも出土しています。
The Roots of Thai Art

The Roots of Thai Art

  • 作者: Piriya Krairiksh
  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2012/08/16
  • メディア: ハードカバー


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ラームカムヘン国立博物館(スコータイ歴史公園) [タイ発]

IMG_0812.JPGIMG_0799.JPGIMG_0800.JPGIMG_0801.JPGIMG_0817.JPGIMG_0818.JPGIMG_0811.JPGIMG_0802.JPGIMG_0803.JPGIMG_0804.JPGIMG_0805.JPGIMG_0806.JPGIMG_0807.JPGIMG_0808.JPGIMG_0809.JPGIMG_0810.JPGIMG_0796.JPGIMG_0795.JPG
旅に出ていてブログ更新に少し間が空きました。先日久しぶりにスコータイ美術を勉強しにスコータイ歴史公園入口のラームカムヘン国立博物館に行って来ました。ここを訪れたのは約20年ぶりで博物館内も綺麗になっていました。スコータイ県はタイ北部の最南部に位置しておりピサヌローク県から車で約1時間の場所にあります。美術的にはタイ北部の美術というよりもタイ中部の美術で現在のタイ美術のもとになった美術と言われています。館内の展示品にはスコータイ時代の他に付近で出土したアユタヤ初期(ウートン期等)やロッブリー期の仏像等が展示されています。スコータイ美術はクメール美術(ロッブリー美術)の影響をかなり受けており、装飾品を身にまとったブロンズ製のヒンズー神等、他では見られない貴重な像が拝めました。スコータイ美術は13世紀後期から15世紀前半の短い期間に作られた美術ですが、その中でもスコータイ時代が最も栄華を迎えた14世紀頃に作られた像をスコータイ・ボリスットと呼び、幸福感を感じさせる表情をした仏像(写真1、7、8、11、12枚目)があります。スコータイ美術の中でも最も評価が高くコレクター憧れのブロンズ像で、有名な遊行仏もこの時期に作られました。その他、県内で出土したテラコッタ製、金属製の塼仏、金製の奉納板等も展示されていました。また宋胡録と呼ばれるスコータイ時代に焼かれた陶器類も展示されていましたがそれらは別のエリアにあるサンカローク陶器博物館のほうが展示品が多いと思います。
The Sacred Sculpture of Thailand: The Alexander B. Griswold Collection, the Walters Art Gallery

The Sacred Sculpture of Thailand: The Alexander B. Griswold Collection, the Walters Art Gallery

  • 作者: Hiram W., Jr. Woodward
  • 出版社/メーカー: Univ of Washington Pr
  • 発売日: 1997/12/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その3) [プラクルアン]

IMG_9513.JPGIMG_9515.JPGIMG_9514.PNG
もう一点、シーコームカム寺 仏暦2512年(西暦1969年)発行のお守りを紹介します。シーコームカム寺はパヤオ湖の畔りに建てられたお寺ですが、このパヤオ湖の伝説にもなっているナーガ神(タイ語:パヤーナーク)と仏塔がデザインされたコイン型のお守りです。サイズが小さく女性向きのお守りと言ってもいいかもしれません。裏面は法輪がデザインされています。金メッキがよく残った状態のもので、恐らく現在このレベルのものは10個あるかないかと思っています。発行されて来年でちょうど50年経ちますがこの仏暦2512年に発行されたお守りはどちらもデザインが素晴らしくパヤオ県で最も人気のあるお守りの一つです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その2) [プラクルアン]

IMG_9194.JPGIMG_9199.JPG
これがパヤオ県シーコームカム寺 仏暦2512年(西暦1969年)発行の銅製のお守りです。本堂にある約500年前の大仏(プラチャオ・トンルアン)の上半身がデザインされています。なぜ上半身だけなのと思われるかもしれませんが、2枚目の写真のように本堂入口からこの大仏を眺めるとちょうど上半身だけが見えるのです。ですからこのお守りを見ればパヤオの人ならすぐにプラチャオ・トンルアンと分かるのです。本当にカッコいいお守りです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート