So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
北部タイ発 ブログトップ
前の10件 | -

中国様式の青銅仏 [北部タイ発]

IMG_5760.JPGIMG_5762.JPGIMG_5761.JPGIMG_5878.JPG
以前入手した中国様式の青銅仏(写真1枚目)ですが、先週末にチェンライ北部のチェンセンに行った際に立ち寄った丘上の寺の展示室でまた見つけました。展示棚の中には周辺で出土した様々なものが陳列されています。3枚目の写真が展示品との比較です。若干違いはありますが目や美術様式がそっくりで同時代に近いエリアで作られたものだと思います。チェンセンはゴールデントライアングルに近く、メコン川対岸はラオス、40キロほどでミャンマーとの国境があるメーサイです。またラオス、ミャンマーをはさんで西双版納(中国)も近い位置にあり、中国のものが出土することもうなずけます。この中国様式の青銅仏はシャン様式の青銅像やテラコッタ製の仏塔といっしょに展示されていましたが実際シャン美術(タイヤイ、タイルー)は中国美術の影響も受けていますからね。頭部の形状はビルマのアヴァ様式(15〜16世紀)の仏像に近いものを感じさせます。青銅の材質はチェンセン時代の青銅仏にかなり似ています。このことからこの青銅仏の年代はチェンセン時代後期(16〜17世紀)頃のもの、作られたのはシャン州か雲南省の国境付近ではないかと推測しています。タイ国内の博物館やこのような展示室を見てまわっているといろいろな疑問が少し解決していくように思えます。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏 パヤオ様式(その2) [北部タイ発]

IMG_4750.JPGIMG_4751.JPGIMG_4772.JPGIMG_4752.JPGIMG_4753.JPG
発注していた台座が出来たのでまた掲載します。パヤオ県出土、チェンセン時代の青銅仏(パヤオ様式)です。前にも書きましたがパヤオ県の出土仏は青銅仏が少なくほとんどが砂岩製の仏像です。今回はパヤオ県チェンカム郡プラナンディン寺にあるに有名な仏像プラチャオ・ナンディン(砂岩製)と比較してみました。サイズはまったく異なるのですが写真を見ての通り顔つき、目の形状がとてもよく似ています。ちなみに耳の形状は異なりますがこの渦巻が2つある形状はパヤオ市内の大仏プラチャオ・トンルアンの耳と似ています。何れにしても「パヤオ出土」という信ぴょう性は高いと言っていいと思います。また年代も砂岩製と同時期の16〜17世紀(400〜500年前)のものと言っていいと思います。前回の記事はこちらです。https://thaiart.blog.so-net.ne.jp/2018-06-01

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その5) [北部タイ発]

IMG_2990.JPGIMG_2989.JPGIMG_2988.JPGIMG_2987.JPGIMG_2986.JPG
パヤオ市内の大仏プラチャオ・トンルアンがあるワット・シーコームカム寺に行って来た。下の写真は入手したばかりのプラチャオ・トンルアンの古い写真です。約50年ほど前のものです。今と違い貧しかった当時は立体的な仏像の代わりに写真を額に入れて家で拝まれて来たのです。現在では高価で取引されており、状態の良い写真はお守り同様なかなか見つからない。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その4) [北部タイ発]

IMG_2795.JPGIMG_2790.JPGIMG_2791.JPGIMG_2798.JPGIMG_2792.JPGIMG_2793.JPG
パヤオ県チェンカム郡ワット・プラナンディン寺のお守りを入手した。このお寺にはプラチャオ・ナンディンというチェンセン時代(パヤオ様式)の砂岩製の仏像が祀られています。パヤオ市内の大仏(プラチャオ・トンルアン)と並んで大変人気のある仏像でパヤオ県の宝のひとつです。先日入手した同時代の青銅仏と比べて見たらそっくりなので驚きました。今回入手したのはこのお寺で仏暦2518年(西暦1975年)に発行された初代お守り(銅製メダル)です。コレクターから運良く状態良いものを譲ってもらいました。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ランプーン県出土の仏像(テラコッタ製) [北部タイ発]

IMG_2324.JPGIMG_2325.JPGIMG_2326.JPGIMG_2327.JPG
昨日の記事でパヤオ県の出土仏はほとんどが砂岩製と書きましたが、今日記事にするランプーン県の出土仏はほとんどがテラコッタ製(土製)です。上の写真(1、3枚目)がハリプンチャイ国立博物館のもの、下の写真(2、4枚目)がコレクションですが、かなり近い型で作られています。この様な大型のものは塼仏と異なり、型(mold )だけでは出来ず、手作業による仕上げによって完成すると以前聞いたことがあります。年代的には12〜13世紀頃のものです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏(パヤオ様式) [北部タイ発]

IMG_1826.JPGIMG_1789.JPGIMG_1833.JPG
パヤオ出土のチェンセン時代の青銅仏を手に入れた。とても珍しいものです。というのはパヤオの出土仏はほとんどが砂岩製で青銅製は極端少ないからです。造り的には薄いブロンズ、そして内部に付着している土もチェンセン時代の青銅仏とほぼ同じです。当時、地域の人々が金属類を寄せ集めて作った青銅仏だと思います。銀の配合率が高めです。写真3枚目はウィアン・ロー遺跡の展示室にあるパヤオ仏頭部(砂岩製)との比較写真です。サイズはまったく違いますが、顔出ち、シャープな目の形状等、美術様式は共通しています。年代的はシーコームカム寺の大仏プラチャオ・トンルアンと同時期16〜17世紀(400〜500年前)のものです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

メーホンソーン県からのギフト [北部タイ発]

IMG_1647.JPGIMG_1741.PNG
プラ・ブアケム(プラ・ウパクット)の記事が連続しますが、前々から欲しかったブアケム青銅仏を思い切って買いました。珍しいものですが少し高価だったので我慢していたのですが、、それが今日メーホンソーンから届いた次第です。ただ届いて見た実物はとても良く、買って正解でした。美術的にはタイヤイ美術でおそらく隣接するミャンマー側のシャン州から来たものだと思います。時代的にはチェンマイ期19世紀(100〜150年前)と同時期、同じランナー文化圏のものです。同時代の招き女人像と一緒に飾ろうと思っている。左側のお守りはメーホンソーン市内丘の上に建つワット・プラタート・ドイコンムー寺のもの。送り主が一緒に送ってくれたギフトです。またメーホンソーンに行きたくなってきた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タイ正月ソンクランの風景(チェンマイ、チェンラーイ) [北部タイ発]

IMG_6950.JPGIMG_6953.JPGIMG_6949.JPGIMG_6947.JPGIMG_6946.JPGIMG_6944.JPGIMG_6945.JPGIMG_6948.JPG
タイ正月(ソンクラン)期間中にチェンセン仏を拝みがてら水をかけられに行って来ました。最初の写真はメーサイ市内からゴールデントライアングルに向かう田舎町にある静まりかえったお寺なのですがここに素晴らしいチェンセン青銅仏(シンサーム様式)があります。完全貸し切り状態でお祈りと撮影をしてきました。次の写真はチェンマイ北部メーアーイ郡タートーン橋付近の水掛け祭りの様子です。ほとんどがタイヤイ族だと思います。最後の写真がこの橋を見下ろすタートーン寺にあるチェンセン青銅仏(ファン様式)です。ここもほぼ貸し切り状態。タイヤイの家族が隅っこの方で昼ご飯を食べていました。ふー。

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ハリプンチャイ時代の塼仏(チェンマイ県ウィアン・ターカーン遺跡出土) [北部タイ発]

IMG_5284.JPGIMG_5282.JPGIMG_5286.JPGIMG_5293.JPG
久しぶりにハリプンチャイ時代の塼仏を入手した。チェンマイ県側のランプーン県境にあるウィアン・ターカーン遺跡出土のもので確かハリプンチャイ博物館にも展示されていた型だっと思う。上部は欠損しているがパガン仏独特の表情も残っていて、手ざわりもいい。裏面は古代文字(おそらくサンスクリット語)が刻まれている。パガン美術の影響を受けた型で年代的には11〜12世紀頃のもの。以前書いたウィアン・ターカーン遺跡の記事はこちらです。http://thaiart.blog.so-net.ne.jp/2018-01-25-1
(追加画像と追記)文献と比べてみました。同じ文字はありませんが、やはりサンスクリット語に似ているように思えます。
Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

  • 作者: M. L. Pattaratorn Chirapravati
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 1998/04/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン初期 漆喰製の仏像(ルアンポー・パーガオ) [北部タイ発]

IMG_5031.JPGIMG_5032.JPG
チェンセーン市内か少し東に行った地区にあるワット・プラタート・パーガオに行って来ました。仏暦2519年にここにから出土したほぼ完品のチェンセン仏(漆喰製)はご利益がある仏像として多くの方々がお参りに来ます。ちょうど平日で空いていたので思っきり前(お供え物よりも)に行って写真を撮って来ました。普段はひんしゅくで不可能なワザですが、。おかげで下半身部分もしっかりと撮影出来ました。スコータイ美術の影響を受けたチェンセン時代初期(14世紀頃)のものです。

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - 北部タイ発 ブログトップ