So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

アユタヤ青銅仏 ナコンシータマラート様式 [タイ発]

IMG_5767.JPGIMG_5840.JPGIMG_5841.JPG
久しぶりにタイねたです。写真は入手したばかりのアユタヤ青銅仏です。一般的なアユタヤ時代の青銅仏ではありません。ナコンシータマラート様式と呼ばれるタイ南部のものです。顔つきや肩幅がある体つきはスコータイ仏(13〜15世紀)やチェンセン仏ランカー様式(15〜17世紀)に似ています。これは同じスリランカ美術の影響を受けているからです。短めのサンカティも共通しています。年代はアユタヤ時代後期(17〜18世紀)ですがタイ北部チェンセン時代末期と重なる17世紀のものだと思います。とても特徴のある仏像でいろいろなことが推測でき学べます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

クメール青銅像(マハムニ・パヤー、マンダレー) [ビルマ発]

IMG_5564.JPGIMG_5565.JPGIMG_5566.JPGIMG_5563.JPGIMG_5562.JPGIMG_5575.JPGIMG_5576.JPGIMG_5567.JPGIMG_5568.JPGIMG_5569.JPGIMG_5571.JPGIMG_5572.JPGIMG_5573.JPG
マンダレー市内のマハムニ・パヤーに展示されているアンコールワット時代の青銅像です。戦争時代の15世紀から16世紀にかけてカンボジアからタイへ、タイからビルマへ運ばれて来たもので、2メートル以上もある大型サイズの青銅像は博物館でもなかなか見られないです。その他、このマハムニ・パヤーには写真のような必見の展示物があるのでマンダレーではここは絶対外せないスポットです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

マハムニ仏(マハムニ パヤー、マンダレー) [ビルマ発]

IMG_5556.JPGIMG_5559.JPGIMG_5557.JPGIMG_5558.JPGIMG_5555.JPGIMG_5560.JPG
マンダレー滞在中に訪れたパゴダで最も良かったのがマハムニ パヤーです。ここにはマハムニ仏と呼ばれる以後ミャンマー各地で作られた仏像の原型が祀られています。18世紀末頃にヤカイン州で作られたと言われており、とても人気のある仏像です。参拝者が朝も夕方もいっぱいでした(二度行きました)。女性はあまり近くには寄れない為、少し離れたところから拝んだりモニターを見ていましたが、男性は金箔を貼る場合は直に触れることが出来ます。1番下の写真が西暦1901年頃のマハムニ仏です。当時は今と違いシンプルで仏像の素顔も分かります。以前このマハムニ仏をモデルにした仏像をシャン州のチェントンやタイ北部メーホンソーンで見て来たのですがやはりオリジナルの迫力は凄かったです。チェントンとメーホンソーンのマハムニ仏のリンクを張り付けておきます。
https://thaiart.blog.so-net.ne.jp/2014-09-12
https://thaiart.blog.so-net.ne.jp/2015-11-29

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

古代都市インワ(アヴァ)に行ってきました。 [ビルマ発]

IMG_5447.JPGIMG_5446.JPGIMG_5448.JPGIMG_5435.JPGIMG_5436.JPGIMG_5433.JPGIMG_5434.JPGIMG_5438.JPGIMG_5437.JPGIMG_5449.JPGIMG_5519.JPGIMG_5520.JPG>IMG_5444.JPGIMG_5516.JPGIMG_5518.JPGIMG_5441.JPGIMG_5440.JPGIMG_5443.JPGIMG_5442.JPGIMG_5450.JPG
旅程と逆行しますがマンダレーを訪れた時に行ってきたインワ(アヴァ)の写真です。インワはマンダレー周辺では最も歴史のある地区でパガン時代後の14世紀ごろからマンダレーよりのアマラプラに都が移る18世紀中期まで約400年間王朝が続いたようです(地球の歩き方参照)。年代的にはタイのアユタヤ時代と重なります。周辺で見つかったものがエリア内のインワ考古学博物館で見れます。ここは遺跡敷地内にある博物館にしては展示品がかなり充実しており楽しめました。分銅やベルまた木製民具など仏像以外もいろいろありました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

国立シャン州文化博物館 [ビルマ発]

IMG_5455.JPGIMG_5456.JPGIMG_5457.JPGIMG_5458.JPGIMG_5459.JPGIMG_5460.JPGIMG_5461.JPGIMG_5462.JPGIMG_5463.JPGIMG_5464.JPGIMG_5465.JPGIMG_5484.JPGIMG_5466.JPGIMG_5485.JPG
タウンジー市内にある国立シャン州文化博物館です。タウンジーやインレー湖周辺で発見、出土したものが展示されています。ピュー時代のものが周辺で出土していたのは驚きました。期待していたシャン時代のブロンズ仏はほとんどありませんでした。おそらくお寺にそのまま置かれているかヤンゴンなど大都市の博物館にいってしまっているのでしょう。その他、シャン州に住む民族の衣装、民具また絵画、写真も展示されていました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

インレー湖周辺で見た仏像 [ビルマ発]

IMG_5415.JPGIMG_5414.JPGIMG_5418.JPGIMG_5417.JPGIMG_5419.JPGIMG_5424.JPGIMG_5454.JPGIMG_5453.JPGIMG_5452.JPGIMG_5421.JPGIMG_5422.JPGIMG_5423.JPGIMG_5420.JPGIMG_5428.JPG
インレー湖周辺の寺院で見た仏像です。シャン様式の木製の良いものが見れて目の保養になりました。最後の写真は18〜19世紀作のコレクションです。もうなかなか出回っていませんね。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

インデイン遺跡(シャン様式 16〜17世紀) [ビルマ発]

IMG_5290.JPGIMG_5292.JPGIMG_5293.JPGIMG_5294.JPGIMG_5296.JPGIMG_5297.JPGIMG_5299.JPGIMG_5298.JPGIMG_5300.JPGIMG_5413.JPG
インレー湖から行けるインデイン遺跡です。年代的にはカックー遺跡と同じ16〜17世紀です。こちらはカックー遺跡よりも規模は小さいですが補修がまだされておらずそのままの状態になっており私的にかなり気に入りました。仏塔の装飾もかなり壊れていますが残っており、内部もそのままの状態で仏像が残っている仏塔もあります。台座のみでもものすごい迫力があります。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

カックー遺跡(シャン時代 16〜17世紀) [ビルマ発]

IMG_5103.JPGIMG_5104.JPGIMG_5106.JPGIMG_5105.JPG
ミャンマーのタウンジーの町の近くにあるカックー遺跡に初めて行って来ました。シャン時代16〜17世紀のもので大小合わせて全部2千以上の仏塔があります。まだ旅の途中なので簡単ですが今年1回目の記事にいたします。素晴らしかったです。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

木製仏立像 [ラオス発]

IMG_2429.JPG
もう10年ほど前に入手したタイ北部のランナー木製仏ですが、このつり上がった目の感じからラオスのものかもしれないと最近になって気がついた。ラオスのルアンパバンもタイのナーン県からだとかなり近い。
Lanna: Thailands Northern Kingdom (River Books Guides)

Lanna: Thailands Northern Kingdom (River Books Guides)

  • 作者: Donald M. Stadtner
  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2006/06/30
  • メディア: ペーパーバック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ミャンマー中部の町 ピイ [ビルマ発]

IMG_1110.JPGIMG_1111.JPGIMG_1112.JPGIMG_1113.JPGIMG_1114.JPGIMG_1115.JPGIMG_1116.JPGIMG_1117.JPGIMG_1118.JPGIMG_1119.JPGIMG_1120.JPGIMG_1121.JPGIMG_1123.JPGIMG_1124.JPGIMG_1122.JPGIMG_1125.JPGIMG_1126.JPGIMG_1127.JPG
今回行って来たピュー古代都市Sri ksetra(スリ・クシェトラ)はミャンマー中部のピイの町からほんの少し離れた場所にあるので宿泊はピイ市街地が便利です。ピイにはミャンマーの三大仏塔のひとつシュエサンドー・パヤーがあり仏陀の頭髪が祀られています(詳しくは調べて見て下さい)。同じ三大仏塔のひとつヤンゴンのシュエダゴォンほどは大きくはありませんが眺めが良くピイの町全体が見渡せます。境内には小さな展示室もあり周囲から発掘された塼仏、青銅仏やブッダストーリーもありました。またピイを訪れた3日間はちょうどお祭り期間中で夜はかなり楽しめました。聞いたところによると3年に一度ある大きなお祭りだそうです。写真を掲載しておきます。また近いうちにミャンマーで旅の続きをする予定です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -