So-net無料ブログ作成
検索選択
プラクルアン ブログトップ
前の10件 | -

プラ・ピッターのコンテスト結果例 [プラクルアン]

IMG_7584.JPG
昨年雑誌プラターパチャン主催のコンテストがありましたがその結果がweb内に掲載されていたので参考までにアップしておきます。サムットプラカーン県のルアンポーイェム(ダーンサムローン寺)が発行したプラピッターで入賞した1位から4位までです。確かに上位のものは状態がいいです。3位のは私のコレクションです。約80〜90年前のもの。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プラ・プーム (ランプーン県ドーンゲーウ寺出土) [プラクルアン]

IMG_2361.JPG
ランプーン県ドーンゲーウ寺出土のプラ・プームです。時代的にはプラ・コンやプラ・シップソーンと同じハリプンチャイ時代12世紀頃(800〜900年前)に作られた土製のお守りです。プラ・コンと比べると大きめのお守りですがかえって仏像が大きく堂々としているように見えます。長い間ケースに入れて大事にされて来たものを知人から譲って頂いたものです。このケースは防水仕様ではない古いタイプの金枠でお守りがケースに入れられたのは30年以上、それよりももっと前だと思います。その為ケースの隙間から埃や汗で入り、また湿気等でお守りの表面はかなり凄い状態になっていました。そのままの状態でも良かったのですが先日決心をして金枠から取り出して、絵を描く筆を使って丁寧に掃除したところ、隠れて見えなかった手指やヘソ、菩提樹の葉まですがたを現し見違えるほど綺麗になりました。大事に身につけて行きたいと思っています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

高僧ルアンプー・トォの初代お守り 仏暦2468年 [プラクルアン]

FE984589-BC67-46D5-A993-0415357E2ECE-916-000000CCF2571040_tmp.pngB28C0690-6A23-4ECA-90AD-9057C5CDC6A8-916-000000CC552C2736_tmp.pngF55752B8-01E0-4DED-A410-010B44D1F07C-916-000000CC9401EDCD_tmp.pngIMG_1964.JPGIMG_1966.JPG
今月10月13日にタイ国王ラーマ9世が88歳で亡なりましたが、生前国王が慕い、教えを受けたことで有名なのが高僧ルアンプー・トォ(プラドゥー・チンプリー寺)です。ルアンプー・トォは仏暦2524年に94歳で亡くなりましたが亡くなる6年前の仏暦2518年〜2523年にかけて発行されたポン製のプラ・ピッターはとても人気の高いお守りのひとつです。そのルアンプー・トォが最初に作ったお守りが「13ピムレーク・チェーナムモン」と呼ばれる仏暦2468年(西暦1925年)に発行された13つの型のポン製のお守りです。前置きが長くなってしまいましたが一番下の写真がその中のひとつ「プラ・ソムデット・チェッチャン」と呼ばれる台座が7段の型のお守りです。右側が私のコレクションです。中央付近で割れていますが卵白で接着しています。左側のものも同型のもので目利きの方のものです。発行数も少なく既に入手困難なお守りのひとつで、お守りの状態にもよりますが現時点の相場は15万〜35万バーツと言われています。以上。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プラ・ピッター(ポン製)その2 [プラクルアン]

こちらはトップ5までには入らないがポン製の人気トップ10に入るサムットプラカーン県ダンサムローン寺の高僧ルアンプー・イェムのもの。、、っと言っても数千、おそらくは1万以上あるプラ・ピッターの中のトップ10なので雲上クラスの一つになります。ご利益は人気向上と特に商売繁盛のお守りです。同様にポンと呼ばれるご利益の粉に漆とモンサーンを混合した材質になっています。時代的には約80年前のものです。昨年と今年にバンコクで開催された仏像コンテストで2位と3位に入賞しています。こちらもルアンポー・ゲーウのプラ・ピッター同様に金製ケースに入れて大切に保管しています。
image.jpeg
パソコン故障中の為、当分はツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」がメインになります。ツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」はこちらをクリックして下さい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プラ・ピッター(ポン製)その1 [プラクルアン]

プラ・ピッターとは基本的には両手で目や顔を覆って隠した様式のお守りのことをいい、アユタヤ時代末頃に作られたチャイナート県出土のプラ・ピッター(「レー」という特殊な金属製のもの)が最古のものだと言われています。ただし、この時代のものは誰か作成したのかは分かっていません。ラタナーコシン時代に入ってからは高僧が作った金属や木製、またポンと呼ばれるご利益の粉製のプラ・ピッターが作られてきており、中でも人気なのは金属製やポン製のプラ・ピッターで金属製は主にコンカパンという防御系のお守り、ポン製はメーターやマハーサネーという人気向上のお守りです。金属製もポン製もそれぞれトップ5のお守りがあり、No.1は共に高価で、人気の型や状態のいいものは数百万バーツ以上します。ただ希少なものなので通常は実物を見る機会などはないと思いますが金属製ではルアンプー・イヤム、ポン製ではルアンポー・ゲーウがNo.1と言われています。共に約100年ほど前の高僧が作ったもので、いろいろな型があります。写真はルアンポー・ゲーウのものです。
image.jpeg
パソコン故障中の為、当分はツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」がメインになります。ツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」はこちらをクリックして下さい。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

高僧ルアンプー・トのプラ・ソムデット [プラクルアン]

高僧ルアンプー・トのプラ・ソムデットです。型名はチェット・チャンといいます。チェット・チャンとは(台座が)7段という意味です。このお守りが発行されたのは仏暦2468年(西暦1925年)ですので91年前ということになります。材質はポンという御利益の粉でモンサーンと呼ばれる高僧の身の回りのものが粉にされて混ぜられています。トンブリー地区のワット・ラカンやワット・プラップのさらに古いお守りも粉にされて混ぜられているても言われています。拡大した写真なので本物の材質の参考にして下さい。今は金ケースに入れて大事に保管していましす。
image.jpeg
パソコン故障中の為、当分はツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」がメインになります。ツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」はこちらをクリックして下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プラ・コン(ランプーン) [プラクルアン]

IMG_0924.jpg
久しぶりにプラ・コンを保管BOXから出してみた。型は同じだが色や形状が微妙に違っている。ランプーン県出土、ハリプンチャイ時代12-13世紀の出土系のプラクルアンです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ポン製のプラクルアン [プラクルアン]

IMG_6213.jpg
久しぶりに金庫を開けたプラを出した。その中にあるポン製(ご利益の粉製)のプラクルアンです。下の二つはプラ・ソムデット。上の二つはプラ・ピッターです。上の2つはご利益の粉に漆を混ぜ合わせたもので色が茶色~黒色になっています。
<お知らせ>
ブログ「タイ骨董日記」管理人のプラヤーです。いつもブログを見ていただきありがとうございます。 バンコクで骨董店回りの同行サービスを開始します。タイ、東南アジア骨董の知識、経験を活かして、(値段交渉を除いて)通訳+若干のアドバイス(モノの良しあし、おおよその時代等)が出来ると思います。専門はタイ、東南アジア骨董全般(仏教美術)ですが、陶器、布等は専門外です。要日当。ただし車はありません。ルートは要相談。詳しくはメールで直接お問い合わせ下さい。ご依頼メールのみ受付致します。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ワット・ターコン(ルアンポー・チェム)ナコンパトム県 [プラクルアン]

写真 1 (22).jpg写真 4 (14).jpg写真 5 (14).jpg写真 2 (22).jpg写真 3 (18).jpgunnamed (35).jpg
私が身に着けているクマントーン・ドゥップロック(腸管を吸うクマントーン)が発行されたお寺を初めて訪れた。高僧ルアンポー・チェムが約80年前に発行したものでクマントーンの他、コインも人気で高価になっている。市内から結構離れているので行くのは結構大変でした。一番下の画像中央2つがそのお守りでその上の画像は現在お寺で入手可能な最近発行されたクマントーンです。300バーツです。
Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art)

  • 作者: John Guy
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

  • 作者: M. L. Pattaratorn Chirapravati
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: ハードカバー




Tai Magic: Arts of the Supernatural in the Shan States and Lan Na

Tai Magic: Arts of the Supernatural in the Shan States and Lan Na

  • 作者: Susan Conway
  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2014/12/30
  • メディア: ハードカバー



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

持ち歩き用クルアンラーン [プラクルアン]

unnamed-1.jpg
クルアンラーンは高僧や仏像を模ったお守り(プラクルアン)ではないので、特に胸の上に身に着ける必要はない。こんな感じでよく使う鑑定用ルーペのストラップにしてる。だんだんと増えてきた。
Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art)

Lost Kingdoms: Hindu-Buddhist Sculpture of Early Southeast Asia (Metropolitan Museum of Art)

  • 作者: John Guy
  • 出版社/メーカー: Metropolitan Museum of Art
  • 発売日: 2014/05/06
  • メディア: ハードカバー



Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

  • 作者: M. L. Pattaratorn Chirapravati
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 1998/04
  • メディア: ハードカバー






nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - プラクルアン ブログトップ