So-net無料ブログ作成
検索選択

遊歩仏 ペッチャブーン県出土 [タイ発]

IMG_1830.JPGIMG_1832.JPG
先日掲載したピサヌローク〜ペッチャブーン県出土遊歩仏のステンレスケースが仕上がったので、早速赤い緩衝材を使ってケースに入れた。サイズはぴったり、これで安心して鑑賞出来るようになった。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ドヴァーラヴァティー青銅仏2点 [タイ発]

IMG_0733.JPGIMG_0735.JPG
コレクションの中のドヴァーラヴァティー青銅仏2点を放出します。2点ともタイの仏像コンテストで入賞しており、写真付きの証明書付きです。ご興味のある方は私までメールでお問い合わせ下さい。価格・詳細を追って連絡致します。
nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏ファン様式 [タイ発]

IMG_9959.JPG
いい表情しています。16世紀頃のものです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ピサヌローク県出土の塼仏 遊歩仏 [タイ発]

IMG_9386.JPG
さっそくですが博物館級の塼仏を入手した。これはピサヌローク県出土の土製の遊歩仏です。年代的には16世紀頃、スコータイ美術の影響を受けたピサヌローク様式(アユタヤ中期)のもので、おそらく同県で出土したベンチャパーキーの一つプラ・ナンパヤーと同時期のものと思います。出土した数が少なくほとんどが出土時に割れていたそうです。また隣県ペッチャブンでも同型の塼仏が少量出土しています。見ての通り女性的な優美な佇まいで仏陀が歩く姿が表現されており、他の時代にはないごく限られた美術です。割れていますがやはり本物の美術はレベルが違います。まずはケースを作って大事に保管しようと思っています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

初期チェンセン仏(プラタート パーガオ寺) [タイ発]

IMG_7238.JPGIMG_7241.JPGIMG_7240.JPGIMG_7237.JPGIMG_7239.JPGIMG_7247.JPGIMG_7243.JPG
タイ北部チェンセン郡の中心部から5キロほど離れたところに位置するプラタート パーガオ寺に初詣に行って来ました。仏暦2517年(西暦1974年)にこの寺から出土したチェンセン仏を元旦に拝むのが目的です。このチェンセン仏が出土して以来、お寺には参拝者が増えお寺はどんどんと立派になったことから御利益があるということで有名な仏像で高僧のようにこのお寺の名前を取って「ルアンポー・パーガオ」と呼ばれています。時代的にはチェンセン初期(13〜14世紀)のものと言われており、確かにスコータイ美術の影響を受けているようです。元旦の今日は参拝者がとても多くこの仏像の人気の高さがうかがえました。最後の写真はおまけですがお寺の敷地内に仏陀ストーリーのシーン「出城」の等身大像がありましたので掲載しておきます。本年も本ブログ、ツイッターそしてヤフオク共々よろしくお願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン・ファン青銅仏 [タイ発]

IMG_6835.JPG
チェンセン・ファン青銅仏を入手した。おそらく今年最後の仏像です。台座は欠損しているがスタイルも材質も良い。年代的には16〜17世紀のものです。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

タイで最も美しいとされるピサヌローク県チナラート仏 [タイ発]

IMG_3163.JPGIMG_3156.JPGIMG_3172.JPGIMG_3173.JPGIMG_3155.JPGIMG_3158.JPGIMG_3162.JPGIMG_3159.JPGIMG_3160.JPGIMG_3161.JPGIMG_3171.JPG
19年ぶりにピサヌローク県を行って来た。滞在時間は睡眠時間を入れて12時間ほどだったが今日は早朝からワット・プラシー・ラタナー・マハタート寺に行ってチナラート仏を拝みに行って来ました。この仏像はピサヌローク様式と呼ばれる仏像で時代的にはアユタヤ初期のものです。美術的にはスリランカ美術の影響を受けたスコータイ様式からアユタヤ様式に移行する頃のもので少しロッブリー(クメール)美術の影響を受けたエキゾチックな顔をしていると今日見て思いました。確かにタイで最も美しいと言われるだけのことはあり状態もバランスも素晴らしい仏像でした。敷地内には付近で出土した仏像の頭や残欠なども保管されていた。このお寺の前にはナンパヤー寺があり、タイのプラクルアンのトップ5(ベンジャパーキー)の一つ、プラ・ナンパヤーの出土地である。プラ・ナンパヤーが出土した仏塔(一番最後の写真です。)も合わせて参拝しに行ってきた。久しぶりに北部タイ(ランナー)美術ではないタイ中部の美術を見たので今度は久しぶりにアユタヤの遺跡や寺参りをしたいなと思いました。報告以上。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

11月10日のタイ新聞デイリーニュース一面 [タイ発]

IMG_3005.JPG
やはり来ましたね。11月10日のタイ新聞デイリーニュースの一面に先日紹介したタイ国王ラーマ9世と高僧ルアンプー・トォの写真が掲載されていました。今セブンイレブンで見つけてびっくりしたところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

タイ国王ラーマ9世と高僧ルアンプー・トォ [タイ発]

2E148576-FDA1-49CF-AC64-7B63FD14C771-306-00000012C7F251AB_tmp.pngIMG_2456.JPG
先日亡くなったタイ国王ラーマ9世がルアンプー・トォと寄り添い歩くとても有名なシーンです。この写真のコピーは今でもお寺でお守りとしてお寺で貸し出し(販売)されています。時期的には今から36〜37年前のルアンプー・トォが亡くなる1、2年前頃だと思います。ネットで大きめの写真を見てけたので掲載しておきます。下の写真はルアンプー・トォが仏暦2468年(西暦1925年)作成した最初のお守りの一つ「ソムデット・チェッチャン」です。来年、大きなコンテスト時に出品したいと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ドヴァーラヴァティー期の青銅仏 [タイ発]

IMG_1536.JPGIMG_1537.JPG
先日バンコクで開催された仏像・お守りコンテストのドヴァーラヴァティー期仏像部門で1位を獲得した青銅仏です。出品時に鑑定士兼審査員に「材質が石みたいになってるね。」と言われた。確かに言われてみればその通り材質が石のようになっている。審査員を務めるだけあって面白い表現をするなと感心した。そして見事、常連1位の完品に勝って1位を取った。タイ サケーオ県出土。8世紀(約1200年前)頃のもの。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート