So-net無料ブログ作成

タイルー様式 土製仏 続き [北部タイ発]

IMG_6450.JPGIMG_6459.JPGIMG_6457.PNG
今週入手した土製のタイルー仏ですが、類似の仏像が文献にも掲載されていました(1番目の画像)。一つしかないのでこれはコレクション行き確定です。2番目の画像は参考品ですがチェンセン時代後期(17世紀頃)の金属製(鉛がメイン)の出土仏(お守り)です。仏像の特徴が似ており、この時代の美術様式が土製の仏像に継承されているのが分かります。今、思い出しましたが同時代、同型のお守り(いちばん下の画像)をヤフオクで出品しています。

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タイルー様式 土製仏 [北部タイ発]

IMG_6474.JPGIMG_6208.JPGIMG_6209.JPG
今年の後半は結構いろいろと入手出来て一段落したつもりでしたが、また珍しい仏像を手に入れることが出来た。多分この仏像が今年最後になると思います。チェンセン時代後のタイルー様式の仏像で木製ではなく珍しいポン製です。ポンとは神聖な土をフルイにかけて粉にしたものをベースに数種類から数十種類のワーン(霊草)が混合されたもので、この仏像はそのポンを使用して成型され、木製仏同様に漆でコーティングされ、さらに塗金が施されて出来ています。サイズは小さく、おそらく置いて拝む仏像というよりもお守りとして携帯出来るように作られた仏像だと思います。状態はとても良く、典型的なタイルー美術の仏像です。おそらくはラオス国境に隣接するタイ北部(チェンライ県かナーン県)で作られたものだと思います。年代的には18〜19世紀前半(150〜250年前)のもの。

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タイルー青銅仏 中国美術 [北部タイ発]

IMG_5454.JPGIMG_5455.JPGIMG_5451.JPGIMG_5459.JPG
珍しい青銅仏を入手した。美術的には中国の仏教美術の影響を強く受けた仏像で、タイルー族の仏像(文献の参考写真:いちばん下の写真)によく似ている。材質(ブロンズ)が薄く、表面の感じはチェンセン時代の青銅仏によく似ている。タイルー族は雲南省の西双版納からミャンマーのシャン州やラオスを経てタイ北部にも一部南下してきた少数民族であることから推測するとこの青銅仏はチェンセン時代にシャン州の中国国境付近、もしくは中国側の西双版納で作られたもので、時代的にはチェンセン後期16〜17世紀頃のものではないかと思います。下半身一部と台座部分は破損してしまっていますが表情が非常に良く、造り的にもレベルの高い青銅仏です。またタイルー族の仏像のルーツを知る上でもとても興味深い青銅仏です。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

ランナー木製仏 [北部タイ発]

IMG_3903.JPGIMG_3904.JPGIMG_3906.JPGIMG_3917.JPG
左側が文献中の写真、右側が入手したものです。おそらく同じ仏師作の木製仏だと思います。1903年製。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

オークパンサー(出安居)@チェンマイ と ヤフオク出品 [北部タイ発]

IMG_8003.JPGIMG_8001.JPGIMG_8004.JPGIMG_8002.JPGIMG_8005.JPG
オークパンサー(出安居)の今日は特にシャン州のタイヤイ族やタイルー族にとって重要な仏日です。私も昨夜と今日の朝、お寺にお参りに行ってきました。こういう行事の時はタイヤイ屋台も出ているので必ず食べるのが一番下の写真の麺です。モチモチとした食感で漬け物を混ぜて食べます。昨夜と合わせて3杯も食べましたよ。という事でタイヤイ文化に触れた一日でした。ところでタイヤイと言えばシャン美術ですがヤフオクでシャンの仏像数点、お守り布も含め、計10数点を新たに出品しました。是非、ヤフオク【プラ屋】も覗いて見ていただければ幸いです。場外取引も歓迎です。相談、ご質問は質問欄もしくは直接メールでご連絡下さい。k9271@yahoo.co.jp
Tai Magic: Arts of the Supernatural in the Shan States and Lan Na

Tai Magic: Arts of the Supernatural in the Shan States and Lan Na

  • 作者: Susan Conway
  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2014/12/30
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

タイ北部のお守り ガラー・ラーフー・ターディアオ [北部タイ発]

IMG_5606.JPGIMG_5608.JPGIMG_5607.JPGIMG_5617.JPG
北部タイのお守り「ガラー・ラーフー・ターディアオ」がかなり集まってきた。「ガラー」とはココナッツの殻のことでタイ北部(ランナー地方)では古くから「ガラー・ターディアオ」からお守り(クルアンラーン)が作られており、これらはタイ北部のお守り(クルアンラーン)のトップ5中の1つでもあります。通常ココナッツの実には茎と繋がった部分に3つの穴(2つの目と口)が開いていますが、まれに穴が2つ(1つの目と口)のココナッツがあります。このココナッツの殻ことをガラー・ターディアオ(1つ目のガラー)と呼びます。稀にしか出てこないもので昔から1つ目のガラーには神聖な力が宿っていると言われて来ました。その為、ガラー・ターディアオが見つかると表面に彫り物がされ、高僧が入念し大小様々なサイズのお守りが作られて来たのです。このガラーは「ガラー・ラーフー」と呼ばれる「プラ・ラーフー」が彫られたガラーです。「ラーフー」とは不老不死のヒンズー神で、そのラーフー神が太陽を呑み込んでいるシーンと月を呑み込んでいるシーンが彫られた一対でひとつのお守りになります。インターネットで「ラーフー」と検索すればいろいろな説があるようですが数人の方々がラーフー神について詳しく説明しているので参考にすると良いと思います。「ガラー・ラーフー」のお守りはタイ中部ナコンパトム県の高僧ルアンポー・ノーイやタイ北部ランパーン県の高僧クバー・ナンターが発行したものが最も有名ですが、ルアンポー・ノーイの師匠がクバー・ナンターなのでガラー・ラーフーのルーツはタイ北部だと言われています。2つで1つ(一対)のお守りで太陽側は日中、月側は夜間に下がった運気をもとに戻すと言われています。ヤフオクにも出品中ですので是非ご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ランナー期木製庶民仏 [北部タイ発]

IMG_4015.JPG
先日チェンマイで入手した木製仏を写真撮影して見ました。黒の漆と塗金、ポイントで赤いチャートと呼ばれる塗料が塗られており、毎度自己満足ですがとてもいい感じの庶民仏です。ランナー時代19世紀のもの。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヤフオク【プラ屋】出品追加しました。 [北部タイ発]

IMG_8329.JPG
ヤフオク4点追加出品致しました。説明文面は「知識、経験」と文献(タイ語)も参考にして解説してありますので、ブログ同様に読んで頂けると幸いです。またヤフオク掲載写真よりも鮮明な画像をツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」にアップロードしておきましたので参考にして頂ければと思います。ご質問等もお待ちしております。以上、ヤフオク【プラ屋】からのお知らせでした。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ラオスとランナー木製仏 [北部タイ発]

IMG_7911.JPG
ヤフオク出品前に写真撮影しました。勿体無いなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

タイヤイ族の町 (チェンマイ北部ウィアンヘン) [北部タイ発]

IMG_5880.JPGIMG_5872.JPGIMG_5871.JPGIMG_5878.JPGIMG_5885.JPGIMG_5882.JPGIMG_5884.JPGIMG_5870.JPGIMG_5874.JPGIMG_5876.JPGIMG_5875.JPGIMG_5877.JPGIMG_5869.JPG
チェンマイ北部メーホンソンとの県境でミャンマー国境沿いの町ピヤンルアン、ウィアンヘン、アルノタイに行ってきた。初めて行ったのだがここはタイヤイ(シャン)族の街でちょうどお祭り期間中でいろいろと見れてラッキーでした。お寺もビルマ(タイヤイ)様式で遠くから見てもすぐにタイの寺とは異なることが分かる。仏陀ストーリーの寺の形状に近いものがある。仏像もほとんどがビルマ様式だがウィアンヘン寺では大型で美しいチェンセン時代の青銅仏(最後の写真)を拝むことが出来た。やはり国境沿いは人も文化も奥が深く勉強になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート