So-net無料ブログ作成

写真撮影 ランナー木製立像 [北部タイ発]

IMG_8927.JPG
ランナー期の木製立像の写真撮影に来ています。無造作に台の上に置いていますが様になります。ふ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

プレー県ロン郡 シリドンカム寺の木製仏 [北部タイ発]

IMG_3653.JPGIMG_3656.JPGIMG_3655.JPGIMG_3654.JPGIMG_3658.JPGIMG_3659.JPGIMG_3662.JPGIMG_3660.JPGIMG_3661.JPG
タイ北部プレー県ロン郡シリドンカム寺にあるランナー期の大型木製仏を拝みに行って来ました。ランナー期18世紀頃のゴールデン・チーク材製の木製仏でその迫力に圧倒されます。タイルー族の美術が影響しているよう思いますが、美術的にも他では見ることは出来ない個性的な作品で現存するランナー期木製仏の傑作品の一つです。現在では3体ですがもともとは5体あり、内1体はタイ国王ラーマ9世の母メーファールアンに献上し、あと1体は100年ほど前に盗まれたしまったそうです。プレー県はランパーン県とナーン県の間に位置し、このロン郡はランパーン県よりの現在では小さな町ですが当時は歴史の深い地区であったことが分かりました。お寺の敷地内にこの小さな博物館が出来たのはまだ2年ほど前でタイ北部に住むタイ人にとってもまだまだマイナーな博物館ですがこれからどんどんと有名なっていくと思います。木製仏の部屋の他にチェンセン時代の青銅仏を展示した部屋もあります。なかなかアクセスしにくい場所ですが超お勧めします。トップの壁紙はこの博物館の木製仏コレクションです。久しぶりに更新しました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ワット・プラケオ(チェンライ)のチェンセン・ファン青銅仏 [北部タイ発]

IMG_2936.JPGIMG_2937.JPG
チェンライのワット・プラケオ敷地内には小綺麗な博物館がある。ここではランナー時代のチェンセン仏、ラオス仏、アヴァやシャン(タイヤイ、タイルー)時代のミャンマーの仏像が拝める。いずれもランナー文化圏の仏像です。その中からファン美術の影響を受けていると思われる仏像を掲載しておきます。チェンマイのファン郡中心地までチェンライからは直線距離で80キロほどなのでチェンライにチェンセン・ファン様式の仏像が多いのは頷けます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン・ファン青銅仏入手しました。 [北部タイ発]

IMG_2169.JPGIMG_2168.JPGIMG_2171.JPGIMG_2170.JPG
はい。では早速ですが入手したチェンセン・ファン様式の青銅仏(写真左側)です。実は既にこの青銅仏を入手していたので先週ファン郡まで勉強しに行った訳です。サイズは膝幅約7.5センチ、右耳下部と頭頂部(おそらく蓮の蕾)が欠損していますが、メーアーイ郡のお寺の青銅仏(写真右側)と比較をして見ました。まずサイズがぜんぜん違うのと、博物館級のものとの差はありますが目つきや眉毛や口、耳、手足の形状、特徴が同じファン様式になっているのが分かりますでしょうか。共に16世紀頃の作品とです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏・ファン様式の故郷を訪ねて来ました [北部タイ発]

IMG_1953.JPGIMG_1957.JPGIMG_1954.JPGIMG_1955.JPGIMG_1956.JPGIMG_1963.JPGIMG_1962.JPGIMG_1958.JPGIMG_1959.JPGIMG_1961.JPGIMG_1960.JPG

先週チェンマイから160キロ北上したファン郡とそこから更に20キロ北上したメーアーイ郡に行ってきた。位置的にはチェンマイ県最北端で北から西にかけてはミャンマーに接しており辺境の地だが思っていたよりも町は開けていた。目的はチェンセン時代に作られたファン様式と呼ばれる青銅仏です。ファン市内のワット・チェディガームとメーアーイの丘の上にあるワット・タートーンで博物館級の青銅仏が拝める。このチェンセン・ファン様式の仏像は都市部のシンサーム様式に比べると少し地方っぽい容姿だと感じていたが、実際にお寺の一級品を見るとそうではなくファン様式という確立された美術様式で実に洗練されていました。美術的にはやはり少しビルマやインド側の美術の影響を受けていたのだろうか?兎も角、ファン郡で生まれたチェンセン・ファンと呼ばれる青銅仏をまた手に入れたくなりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新聞に掲載されたお守り布 [北部タイ発]

ランナー期のお守り布「パーヤン・マーセープナーン」です。タイ北部19世紀のものです。先週の日曜日のタイ北部の地方新聞(チェンマイニュース)の記事に掲載されました。次回のチェンマイで開催予定のコンテストに出品しようと思っています。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
パソコン故障中の為、当分はツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」がメインになります。ツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」はこちらをクリックして下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コンテスト1位のチェンセン青銅仏 (シンサーム) [北部タイ発]

16世紀頃に作られたチェンセン期の青銅仏です。昨年チェンマイで開催された仏像コンテストでチェンセン仏シンサーム(膝巾5インチ未満)部門で1位を取ったものです。仏像専門の写真屋に撮ってもらった写真でなかなかの出来栄えです。
image.jpeg
パソコン故障中の為、当分はツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」がメインになります。ツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」はこちらをクリックして下さい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏頭部(チャイパガン様式、ファン様式) [北部タイ発]

チェンセン期16〜17世紀頃の仏像頭部です。チェンセン期の青銅仏は都心部で作られたシンサームと呼ばれる様式の他に地方で作られた様式がある。写真は地方で作られた様式のチェンセン仏の頭部で右側がチャイパガン様式、左側がファン様式と呼ばれており、チェンマイから北に百数十キロ行ったところに工房の中心地がありました。マニアックなことを言えば、この3つの様式にシンヌンとランカー様式を加えた合計5つの様式がチェンセン青銅仏の上位5様式で、チェンマイ等、タイ北部で開催される仏像コンテストには必ず項目があります。
image.jpegimage.jpeg
パソコン故障の為、今後当分はツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」がメインになります。ツイッター「タイ骨董日記(モバイルVer.)」はこちらをクリックして下さい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

メーホンソン県の仏像(その2) [北部タイ発]

IMG_2855.jpgIMG_2857.jpgIMG_2856.jpgIMG_2825.jpgIMG_2829.jpgIMG_2827.jpgIMG_2871.jpgIMG_2899.jpg
メーホンソンの中心地はビルマ美術の影響を受けたお寺がメインでした。またビルマから移住して来たタイヤイ族が多く住んでおり、祭事には彼らの伝統舞踊を見る機会がたくさんあるようですね。お寺の中に小さな展示室もありましたのでビルマやタイヤイの仏像の写真を撮っておきました。また訪れた11月25日はちょうどタイの伝統行事、灯篭流しの日で夕方の町は多くの人々でにぎわっていました。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

メーホンソン県の仏像(その1) [北部タイ発]

IMG_2679.jpgIMG_2676.jpgIMG_2658.jpgIMG_2647.jpgIMG_2649.jpg
3拍4日でタイ北部メーホンソン県を旅して来た。ここは北側から西側にかけてミャンマーに接している県でビルマ美術の影響を大きく受けている。西側はチェンマイ県と接している。最初に行った北部西側のパーイ郡ではチェンセン期の素晴らしい仏像を見ることが出来た。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート