So-net無料ブログ作成
検索選択

ピサヌローク県出土の塼仏 遊歩仏 [タイ発]

IMG_9386.JPG
さっそくですが博物館級の塼仏を入手した。これはピサヌローク県出土の土製の遊歩仏です。年代的には16世紀頃、スコータイ美術の影響を受けたピサヌローク様式(アユタヤ中期)のもので、おそらく同県で出土したベンチャパーキーの一つプラ・ナンパヤーと同時期のものと思います。出土した数が少なくほとんどが出土時に割れていたそうです。また隣県ペッチャブンでも同型の塼仏が少量出土しています。見ての通り女性的な優美な佇まいで仏陀が歩く姿が表現されており、他の時代にはないごく限られた美術です。割れていますがやはり本物の美術はレベルが違います。まずはケースを作って大事に保管しようと思っています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ランチャーン青銅仏 17世紀 [ラオス発]

IMG_9245.JPG
凄くいい顔のランチャーン青銅仏を入手した。小さくても顔も台座も造りがしっかりとしている。ランチャーン仏は数が少なく市場にはいいものはあまり無い。この仏像もコレクターが手放したものです。ラッキーだった。年代的にはランチャーン期17世紀のもの。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

写真撮影 ランナー木製立像 [北部タイ発]

IMG_8927.JPG
ランナー期の木製立像の写真撮影に来ています。無造作に台の上に置いていますが様になります。ふ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

お守り、仏像コンテスト(2017年 1月 8日・バンコク) [仏像・お守りコンテスト]

IMG_8011.JPGIMG_7998.JPGIMG_7999.JPGIMG_8001.JPGIMG_8002.JPGIMG_8003.JPGIMG_8004.JPGIMG_8006.JPGIMG_8007.JPGIMG_8010.JPGIMG_7997.JPGIMG_7995.JPGIMG_7994.JPGIMG_7996.JPGIMG_7993.JPG
バンコクで開催された仏像・お守りコンテストに行って来ました。結果から言うと出品したルアンプー・トォのソムデットチェットチャンは完品に負け1位にはなりませんでした。希少なお守りなので出品数が少ないですが甘かったです。というのはバンコクの大会ということとやはりコンテスト1位の副賞がプラ・クンペーンだからでしょう。ただしこのまま帰るのは残念なだけなので1位になった人が貰えるプラ・クンペーンを頼んで(マネーパワー発揮して)譲って頂きました。このプラ・クンペーンは昨年発行されたお守りで約400年前アユタヤ時代のお守り「プラ・クンペーン・クルアップ(ヤイチャイモンコン寺出土)」がモデルになっています。オリジナルの「プラ・クンペーン・クルアップ(ヤイチャイモンコン寺出土)」はアユタヤ県No.1のお守りでタイ最高峰であるベンチャパーキーに近い人気で希少なお守りです。当然オリジナルは状態が良いものであれば100万バーツ以上する雲上級のお守りです。お守り表面にはスコータイ時代のスンコロクという陶器のように釉薬が施されており、このモデルも表面が細かくひび割れている状態が再現されています。材質の土にはオリジナルと同じ出土地ヤイチャイモンコン寺(アユタヤ県)の土に加えてタイお守りトップ5に入るプラ・スンコーやプラ・ロートの出土地でるトゥンセーティー(カンペーン・ペット)やランプーン県マハーワン寺の出土地の土や御利益の粉等々で3000個発行され、その後タイ全土で高僧による入念儀式を8度行なっております。骨董的価値はありませんが御利益重視するなら本気度の高いお守りです。ということで1位は逃しましたがプラ・クンペーン入手の目的は果たせました。ふー。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ラオスのビェンチャンに行って来ました [ラオス発]

IMG_7825.JPGIMG_7824.JPGIMG_7823.JPGIMG_7828.JPGIMG_7822.JPGIMG_7829.JPGIMG_7827.JPGIMG_7831.JPGIMG_7832.JPG
ラオス ビェンチャンのホープラケオとワット・オントウに行って来ました。ホープラケオは長い間改装工事で約3年ぶりに中に入れました。内側にはラオスの重文級の宝が展示されており、今回は午前と午後に二度入りじっくりとお宝を拝み勉強して来ました。また早朝にタンブンしに行ったワット・オントウの青銅の大仏と象の台座は一見の価値があります。一緒に掲載しておきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ランチャーン青銅仏(庶民仏) [ラオス発]

IMG_7403.JPG
ランチャーン青銅仏を入手した。ユニークな形状で庶民仏らしい素朴ないい顔をしている。黒光りした無垢のブロンズがズシっとくる。ランチャーン後期17世紀から18世紀初め頃のものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

初期チェンセン仏(プラタート パーガオ寺) [タイ発]

IMG_7238.JPGIMG_7241.JPGIMG_7240.JPGIMG_7237.JPGIMG_7239.JPGIMG_7247.JPGIMG_7243.JPG
タイ北部チェンセン郡の中心部から5キロほど離れたところに位置するプラタート パーガオ寺に初詣に行って来ました。仏暦2517年(西暦1974年)にこの寺から出土したチェンセン仏を元旦に拝むのが目的です。このチェンセン仏が出土して以来、お寺には参拝者が増えお寺はどんどんと立派になったことから御利益があるということで有名な仏像で高僧のようにこのお寺の名前を取って「ルアンポー・パーガオ」と呼ばれています。時代的にはチェンセン初期(13〜14世紀)のものと言われており、確かにスコータイ美術の影響を受けているようです。元旦の今日は参拝者がとても多くこの仏像の人気の高さがうかがえました。最後の写真はおまけですがお寺の敷地内に仏陀ストーリーのシーン「出城」の等身大像がありましたので掲載しておきます。本年も本ブログ、ツイッターそしてヤフオク共々よろしくお願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート