So-net無料ブログ作成
検索選択

白鳳時代とドヴァーラヴァティー期の塼仏(せんぶつ) [タイ発]

IMG_3365.JPG52CDBD6C-9353-406B-A9E8-63FA3A098223-15532-00000A4683F08A88.jpeg
一枚目の写真はドヴァーラヴァティー期の塼仏(せんぶつ)です。二枚目の写真は奈良国立博物館にある白鳳時代(7世紀)の三尊塼仏(さんぞんせんぶつ)川原寺裏山遺跡出土で大型のものだと思います。出土地は奈良とタイでかなり離れていましがこの二点は美術様式が近く時代もかなり近いと思われます。仏教美術は時代毎のトレンドがあるようで土地や人種が異なっても共通する点があります。もう一点写真はありませんが2004年か2005年に奈良の二光寺廃寺から同時代頃の塼仏(せんぶつ)の破片が出土し当時この発見は新聞の一面記事になったのですがその時に出土した明らかに日本人とは異なる顔立ちの五人衆が型どられた塼仏(せんぶつ)の破片は写真付きで大きくピックアップされ、「国際色豊かな白鳳文化」とか「エキゾチックな顔立ち」、インドやペルシャ人を思わせる当時の文化のつながりを知る貴重な発見等と紹介されていました。「せん仏 二光寺」でサイト検索するとすぐ見つかります。ここからは個人的な考察ですがその五人衆の顔立ちが一枚目のドヴァーラヴァティーの塼仏(せんぶつ)にも近いものがあると私は考えています。日本に仏教伝来があったのは中国、韓国経由の「陸のシルクロード」と呼ばれるルートがメインだと思いますが、この五人衆の塼仏片(せんぶつ片)の発見は東南アジア経由(海のシルクロードと呼ばれるルート)の仏教伝来も少なからず当時の日本の仏教美術に影響を与えたという証拠になるのではと思います。何れにしても仏教美術初期(7世紀から8世紀頃)の貴重な塼仏(せんぶつ)はヤフオク出品中です。ふー。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。