So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

タイヤイの塼仏(宝冠仏) [ビルマ発]

IMG_4067.JPGIMG_4065.JPGIMG_4068.JPGIMG_4132.JPGIMG_4134.JPG
先日行ってきたロッブリー県のソムデット・プラナーラーイ国立博物館でうれしい発見がありました。アユタヤ時代の塼仏展示コーナーに私が大事にしているシャン(タイヤイ美術)の塼仏が展示されていたからです。その場で携帯に保管してある画像と見比べてみましたが間違いありません。10年ほど前に入手した大型の塼仏で以来一度も同じ型に出会えていませんでした。文献にも掲載されていません。通常、塼仏は金型から作られるので作成当時は数枚から多いものは千以上生産されます。ですので同じ型、もしくは残片が何処かにあるはずなのです。展示品には「塼仏、テラコッタ製、アユタヤ時代(15〜18世紀)、ロッブリー県Wat Phrommat寺寄贈」と記載されていました。このWat Phrommat寺は行ってはいないのですが博物館から徒歩で行ける距離にあり記載や写真からアユタヤ時代初期に建てられた寺だと思います。経緯は分かりませんがこのシャン(タイヤイ美術)の塼仏が以前このお寺で保管されていたのでしょう。いろいろな疑問点はありますが、今回同じ型の塼仏に出会えただけでも大きな収穫でした。最後の写真がコレクションと展示品の比較です。型は完全に一致します。縁部分のデザインの違いは型抜き後にさらに装飾が加えられたのだと思います。ともかく博物館級と言っていいと思います。という訳で毎度おなじみの自己満足記事でした。
Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

Votive Tablets in Thailand: Origin, Styles, and Uses (Images of Asia)

  • 作者: M. L. Pattaratorn Chirapravati
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 1998/04/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ソムデット・プラナーラーイ国立博物館(ロッブリー県) [タイ発]

IMG_3985.JPGIMG_3986.JPGIMG_4013.JPGIMG_3994.JPGIMG_3995.JPGIMG_3989.JPGIMG_3988.JPGIMG_3987.JPGIMG_3990.JPGIMG_4031.JPGIMG_3993.JPGIMG_3992.JPGIMG_4012.JPGIMG_4022.JPGIMG_3998.JPGIMG_4023.JPGIMG_3999.JPGIMG_4001.JPGIMG_4003.JPGIMG_4004.JPGIMG_4005.JPGIMG_4032.JPGIMG_4030.JPGIMG_4006.JPGIMG_4007.JPGIMG_3982.JPG
先週、10年以上ぶりにロッブリー市内にあるソムデット・プラナーラーイ国立博物館に行って来ました。ロッブリーと言えばアンコールワットと同時期のロッブリー美術(クメール美術)がイメージされると思いますが歴史はもっと古くタイ初期美術のドヴァーラヴァティー期(6世紀〜11世紀)の遺物も多く出土しています。ドヴァーラヴァティー美術は大きく3期に分けることが出来、初期はインド美術(グプタ美術)の影響を強く受けた美術、中期はタイで生まれた純粋なドヴァーラヴァティー美術、また末期はクメール美術の影響を受けて来ます。その後クメール美術の影響を強く受けたロッブリー美術が生まれ、アユタヤ美術に移行していきます。よって(ウートン美術を含む)初期のアユタヤ美術(14〜15世紀)はクメール美術の影響を強く受けています。この1000年もの間の様々な時代の遺物がここロッブリーや周辺で出土しており、その出土品がこのソムデット・プラナーラーイ国立博物館に展示されています。石製、青銅製、そしてテラコッタ製、ほぼ全ての材質の出土品が時代別、材質別に展示されています。久しぶりに訪れた博物館は内部も改装されて綺麗になってましたよ。また博物館は遺跡の中に建てられていますので最高のロケーションです。以上、自称仏像コレクターにとっては実に有意義な時間を過ごせましたが、2時間ではちょっと足らないくらいでした。
The Roots of Thai Art

The Roots of Thai Art

  • 作者: Piriya Krairiksh
  • 出版社/メーカー: River Books
  • 発売日: 2012/08/16
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その6) [プラクルアン]

IMG_3328.JPGIMG_3294.JPGIMG_3315.JPG8C88B38A-DC66-4E35-A223-ADA1F123332A-5267-0000042C122DE0FB.jpeg
パヤオ県ワット・シーコームカム寺で仏暦2512年(西暦1969年)に発行されたお守りです。今から49年前のお守りなのでほとんどのものは擦れてますが、状態の良いものは高価で取引されています。収集したこの3つはかなり状態のいいものです。パヤオ県の高僧クバー・イントーが入念儀式を行っています。クバー・イントーはクバー・シウィチャイの弟子です。
The Buddha in Lanna: Art, Lineage, Power, and Place in Northern Thailand

The Buddha in Lanna: Art, Lineage, Power, and Place in Northern Thailand

  • 作者: Angela S. Chiu
  • 出版社/メーカー: Univ of Hawaii Pr
  • 発売日: 2018/04/30
  • メディア: ペーパーバック



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その5) [北部タイ発]

IMG_2990.JPGIMG_2989.JPGIMG_2988.JPGIMG_2987.JPGIMG_2986.JPG
パヤオ市内の大仏プラチャオ・トンルアンがあるワット・シーコームカム寺に行って来た。下の写真は入手したばかりのプラチャオ・トンルアンの古い写真です。約50年ほど前のものです。今と違い貧しかった当時は立体的な仏像の代わりに写真を額に入れて家で拝まれて来たのです。現在では高価で取引されており、状態の良い写真はお守り同様なかなか見つからない。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パヤオ県のお守り(その4) [北部タイ発]

IMG_2795.JPGIMG_2790.JPGIMG_2791.JPGIMG_2798.JPGIMG_2792.JPGIMG_2793.JPG
パヤオ県チェンカム郡ワット・プラナンディン寺のお守りを入手した。このお寺にはプラチャオ・ナンディンというチェンセン時代(パヤオ様式)の砂岩製の仏像が祀られています。パヤオ市内の大仏(プラチャオ・トンルアン)と並んで大変人気のある仏像でパヤオ県の宝のひとつです。先日入手した同時代の青銅仏と比べて見たらそっくりなので驚きました。今回入手したのはこのお寺で仏暦2518年(西暦1975年)に発行された初代お守り(銅製メダル)です。コレクターから運良く状態良いものを譲ってもらいました。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ランプーン県出土の仏像(テラコッタ製) [北部タイ発]

IMG_2324.JPGIMG_2325.JPGIMG_2326.JPGIMG_2327.JPG
昨日の記事でパヤオ県の出土仏はほとんどが砂岩製と書きましたが、今日記事にするランプーン県の出土仏はほとんどがテラコッタ製(土製)です。上の写真(1、3枚目)がハリプンチャイ国立博物館のもの、下の写真(2、4枚目)がコレクションですが、かなり近い型で作られています。この様な大型のものは塼仏と異なり、型(mold )だけでは出来ず、手作業による仕上げによって完成すると以前聞いたことがあります。年代的には12〜13世紀頃のものです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

チェンセン青銅仏(パヤオ様式) [北部タイ発]

IMG_1826.JPGIMG_1789.JPGIMG_1833.JPG
パヤオ出土のチェンセン時代の青銅仏を手に入れた。とても珍しいものです。というのはパヤオの出土仏はほとんどが砂岩製で青銅製は極端少ないからです。造り的には薄いブロンズ、そして内部に付着している土もチェンセン時代の青銅仏とほぼ同じです。当時、地域の人々が金属類を寄せ集めて作った青銅仏だと思います。銀の配合率が高めです。写真3枚目はウィアン・ロー遺跡の展示室にあるパヤオ仏頭部(砂岩製)との比較写真です。サイズはまったく違いますが、顔出ち、シャープな目の形状等、美術様式は共通しています。年代的はシーコームカム寺の大仏プラチャオ・トンルアンと同時期16〜17世紀(400〜500年前)のものです。
Buddhist Sculpture of Northern Thailand

Buddhist Sculpture of Northern Thailand

  • 作者: Carol Stratton
  • 出版社/メーカー: Serindia Pubns
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: ハードカバー


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

メーホンソーン県からのギフト [北部タイ発]

IMG_1647.JPGIMG_1741.PNG
プラ・ブアケム(プラ・ウパクット)の記事が連続しますが、前々から欲しかったブアケム青銅仏を思い切って買いました。珍しいものですが少し高価だったので我慢していたのですが、、それが今日メーホンソーンから届いた次第です。ただ届いて見た実物はとても良く、買って正解でした。美術的にはタイヤイ美術でおそらく隣接するミャンマー側のシャン州から来たものだと思います。時代的にはチェンマイ期19世紀(100〜150年前)と同時期、同じランナー文化圏のものです。同時代の招き女人像と一緒に飾ろうと思っている。左側のお守りはメーホンソーン市内丘の上に建つワット・プラタート・ドイコンムー寺のもの。送り主が一緒に送ってくれたギフトです。またメーホンソーンに行きたくなってきた。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プレー県のお守り(その3) [プラクルアン]

IMG_1578.JPGIMG_1285.JPGIMG_1515.JPGIMG_1511.JPGIMG_1512.JPGIMG_1521.JPG
今回はプレー県市内中心部にあるワット・サラボゲーウ(通称ブアケム寺)発行のお守りを記事にします。プレー県は隣県のランパーン県同様、19世紀初め頃からビルマ職人による寺の建築が行なわれ、市内にはまだ多くのビルマ(タイヤイ)様式のお寺があります。このサラボゲーウ寺もその中のひとつです。写真のお守りは仏暦2518年(西暦1975年)にサラボゲーウ寺で発行された初代のお守りでコイン表面にプラ・ブアケムがデザインされたタイでは珍しいお守りのひとつです。プラ・ブアケム(プラ・ウパクット)は英語でロータス・ブッタと呼ばれるように、頭部に蓮の葉と蕾を乗せた仏像でビルマや北部タイ(ランナー地方)のお寺では幸運と安全を祈願し作られてきています。私はまだこのサラボゲーウ寺に行ったことはありませんが、お守りを持っているのでいずれお寺にお参りに行こうと思っています。下の4枚の写真はネットから見つけてきたお寺の写真です。結構女性に人気のお寺という印象です。プレー県はタイ北部ではマイナーな県ですが有名な高僧がおり、お守りの質も高いです。価格も最近だいぶ上がってきており状態の良いお守りはコレクターが手放さず入手が難しくなってきています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

プレー県のお守り(その2) [プラクルアン]

IMG_1334.JPGIMG_1284.JPGIMG_1340.JPGIMG_1338.JPG
プレー県ワット・クワンカムルー寺の高僧クバー・ゲーウのお守りです。プレー県の中でも3本の指に入る有名な高僧で生前中にコイン型のお守りの他にもハヌマーンやルーシー(行者)型のお守り、またお守り布などのクルアンラーン等の多くお守りが発行されています。仏暦2529年11月(西暦1986年)、81歳で亡くなっています。この八角形のコイン型お守りは仏暦2511年(西暦1968年)に発行されたクバー・ゲーウの初代お守りです。ちょうど50年経つお守りですが(写真1枚目の)文献写真と比べても分かりますが保存状態がとても良く2度ともコンテストで1位を取っています。お守りが発行されたワット・クワンカムルー寺はプレー市内中心部から少し離れたところにありますがタイミングを見て一度お礼参りに行かなければと思っています。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -